草刈樵峰による書作品、筆文字、ロゴ制作のサイトです。お気軽にご覧下さいませ^^
ホーム最新情報
最新情報
最新情報:140
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次のページ»
2017年02月22日
インスタグラムを今更ながら始めました。。写真の撮影の仕事もさせていただきながらの
投稿です。主に竹田市内での写真になりますが、よろしくお願いします。
カタカナでクサカリコウボウです。

2016年05月28日
静かな町もよし、活気に満ちた町もよし、そして竹田市のような小さな規模でも確実に繋がっていける良い出逢いのある町もまた良し、ということで竹田市が製作した移住促進ビデオをアップしています。。コロコロ太った人が文字を書いているのが私ですが・・現在はダイエットして5キロほど落としたんですよ!それでも未だ80キロあります。。。さて、竹田市に移住された方は既に200人を超えたと思いますが、普通の田舎暮らしを楽しむ方、ビデオに出てくるような作家さんや職人さんのような技術を持っている方、様々です。移住という選択をされる方が多くなってきてますが、やはり大きな覚悟あってのことです。付かず離れず、困ったことは何でも相談してもらえるような環境が、受け入れ側に最も求められるところでもあります。幸い竹田市では完全ではなくとも、そういった体制になってきてるような気がします。いいことばかりでは勿論ありませんが、いいことは創っていかなきゃ町の再生もありえません。ポジティブにいきます、ポジティブに!(映像追加しました)竹田市で行われたダイニングアウトの映像を追加しました。私や仲間も最初から最後まで参加、ご協力させていただいたイベントです。私はちなみにメニューの墨書きやデザイン・発案や準備段階から飲み会まで^^楽しい関わり方をさせていただきました””
2016年05月15日

まだまだ知られていない美しい地域は日本には沢山あって、世代を超えて様々な方が移住の計画を立てているようです。

私の住む町にも沢山の移住された方がいらっしゃいまして、それだけでも雰囲気が明るくなったような気がします。

しかし、移住にはリスクがあります。むしろ都会でしか暮らしてなかった方はリスクのほうが多いかもしれません。

そんな中、都会で身に着けてきたスキルを存分に発揮して笑顔で、いきいきと生活を楽しんでいる人もいます。

先日、夫婦共に東京の大手企業を退社しながらも竹田市に移住を決められた方がいて、お話をいろいろさせていただきましたが

その方の言葉が印象的でした。

 

自然がいい。というフレーズはよく耳にしていたけど、来て見て何がいいのかが本当に理解できた””とのこと。

お給料は激減したと思いますし、友達とも離れなければいけない選択をしてきたのにも関わらず、その眼に何も

迷いがないことを、こちらが不思議に思うくらいです。

この町に移住される前の2ヶ月間は、竹田市どころか人口の少ない島に家を借りて生活をしてみたそうです。

欲は、考えればきりがなくて・・都会に普通にあるものがなかったりするけど、逆に田舎では簡単に手に入らない

新鮮できれいな食材も水だって、あるじゃないですか!と。

島の生活を、たった2ヶ月体験してみて、一度東京に戻った時は、「なんじゃこりゃ!」笑””と感じたそうです。

周りにある人工物の中での生活、道路もエレベーターも信号も、ビルも、車も。

 

都会に住むことが何も悪いことなどは思いません。むしろ都会にいたからこそのスキルやセンスで、これからの

田舎暮らしを田舎の人以上に創造することが出来るのだと思います。

私は根っからの田舎者ですので、そういった視点の違う考え方を聞くことが新鮮で楽しいです。

 

書とは何も関係のないことでしたが、もし移住に興味があれば何でも聞いてください。。

竹田市へどうぞ^^

 

 

 

 

 

2016年05月08日
昨日の展覧会の親睦会で、酔った勢い任せで大分高校で指導されている先生方3名に「明日、生徒さんの練習風景みせてください。」なんて、突如申し出てしまいましたが・・こころよく良いお返事を頂き、早速寝起きの眼をこすりながら学校へと向かいました。校内へご案内いただくと、それはもう数十名の生徒たちが
もくもくと臨書を続けていて、正直嬉しかったし刺激も受けるし、なんといっても皆さん上手い。。私が同じ年齢の頃は書道の書の字もなく毎日遊びほうけていたことを思うと本当に頼もしい姿でした。大分高校書道部の活躍は以前から噂には聞いていましたし、私自身は学校の授業や部活で書を習った経験もないだけに新鮮で、生徒たちの環境が羨ましくもありました。指導されている先生方もほんとに素晴らしいし、なんといっても生徒の皆さんが一人一人素晴らしい。数枚だけ揮毫させていただきましたが、私のような拙なる作品にも関わらず、ちゃんと凝視して文字を追ってくれる姿勢などには感服です。
どうか、どうか、卒業後も書の世界に関わっていてもらいたいものです。
いやぁ・・今回は大いに刺激を受けました。おちおちしていると・・という以前に正直「かなわないかも・・」と思った瞬間もありましたよ。。

ホントにありがとうございました!

※ボッロボロになってしまったお手本で学んでいた生徒さん、先生にお願いしてもう1枚書いてもらってくださいな””^^
2016年05月03日

本日3日から8日まで大分県立美術館、OPAMにて「大分の若い風」展が開催されております。

もし、お近くの方がいらっしゃいましたら、ご高覧、ご指導いただけると幸いです。

この展覧会は会派を超えて集まっており、サイズの細かい規定もカタチ、表現方法も自由ですので

通常の展示では観れないものもあり楽しく鑑賞できるとおもいます。ぜひぜひ””お待ちしております。

今日は激しい雨が予想されるようですが、明日以降がよろしいかと思います。

私も飾り付けをしながら他の先生方の作品に刺激を受け、ヒントも沢山もらうことが出来、

やはり日ごろ見ないものを観る、触れるということの大切さに気づかされます。

さて肝心の私の作品ですが、他と比べると完全に見劣りしてます・・(反省)

今回は祖父、南画家であった草刈樵谷宛てに届いた年賀状や、ご挨拶の葉書の宛名部分を

臨書させていただきました。山口県の松林桂月翁や福田平八郎などの書になります。

やはり・・昔の先生方は文字も素晴らしいです。筆の文化全盛の時代を生きてきた方たちには

頭が下がります。

2016年04月17日
私の住む竹田市は熊本阿蘇に近い県境の小さな町です。ここ数日、夜中の大きな揺れに
眠れない日々が続いていますが、今後も充分な警戒と備えをしなければと感じております。自然災害の脅威はこれまでも全国各地で報じられてきましたが、もはや他人事ではないような状況です。報道で伝え告がれる情報により多くの方が救われることもあるでしょうし、スマホ等の緊急時の活躍も大いに頼りになるところです。しかし、目覚しい進化がある一方、裏で被災者は多くのもの失います。普通の暮らしも日常も、目の前の風景、そして何よりも「暮し方」まで一変してしまいます。そういった意味では災害時より、その後の爪痕のほうが怖い気がします。家族との日々を強制的に断ち切られる思いはどれほどのものでしょう。長年暮してきた土地への思いも、暮らしの糧まで奪われてしまいます。神戸や東北の震災のように、あれから〇年・・といった報道や「忘れてはならない」といったタイトルでは被災者の傷は癒されません。震災に遭われた方の生き抜くという気持や、これからの永い闘いに、できる限り手を差し伸べ、小さいけれど「本当」の気持を届けてあげること、そして何よりも行動する。といったことが必要だと感じています。それは、これまで、頂いたものをお返しするだけのことなのかもしれません。
2016年03月19日
YouTubeにて書に関する映像を沢山UPして行く予定です。現在4作品をUPしていますのでYouTubeのチャンネル登録していただけると、いつでも自由にご覧いただくことができます。^ ^引き続き宜しくお願い致します。
2016年03月04日
申し訳ありません、一年ほど前から、色々と忙しかったので更新もままならなくなっていました!お問い合わせなどで「書き振りを」というご意見もありましたので少しだけ撮影しユーチューブに投稿してみました^^拙作の垂れ流しですが、もし参考にでもしていただける方がおられましたら、ご覧下さいませ!検索はJapanese Calligraphy shouhou kusakariでコピペお願いします””
2013年12月24日
失敗から学ぶことは本当に多い。こと芸術に関しては特に。そんな意味から私はどちらかというと無難を選ばない派?^^かもしれません。失敗してみて、だから失敗なんだと思いたいから・・。こうすれば失敗する・・を明確にしたいからなのかな。今日は独り言みたいになってしまいましたが、この辺で。
2013年12月06日
筆を洗いながらの回想。拙い作品群ですが毎日のように観ていただいている人も
いるのでしょう。本当に嬉しい限りです。ここにきて、やっと個人サイトもできそうです。またお知らせしますのでよろしくお願いします””さて、話は変わりますが・・相変わらず・・「いったい書とは何だろう・・芸術って何?表現とは?」など多々壁にぶつかりながら模索している毎日を過ごしていました。最近では芸術という言葉を意識するあまりに違う方向に導かれているような錯覚さえ覚えます。そもそも芸術家でなくてもよいわけで^^楽に好きなことを全うできる。そして、その環境にあることが幸せなんだなと思うようになってきています。


2012年10月30日
更新です。毎日のように数百のアクセスをいただいておりながら、すみません。何かと忙しくしておりフェイスブックのアップが精一杯で・・ご覧いただいている方、ありがとうございます””先日は大分県美術協会の書道部にて書道大賞という最高賞の栄誉を拝受し身に余る思いです。審査は毎年違うのですが、今年は星弘道先生でした。益々精進してまいります。今後とも宜しくお願い致します。さて、話は変わりますが・・今私の住む大分県竹田市にて微力ながら、まちづくりのお手伝いをしており、今夏の水害にて大打撃を受けたものの現在は一部を残し元の状態に戻りつつあり、そういった意味では安心してます。
街づくりの視点も芸術よりで、色んなアーティストをお迎えしイベントをしたり、また竹田市に移住する皆さんとの交流会を通し、横のつながりを広げ、皆で役割分担し一つのことを着実に実行していくといった感じです^^今後移住を計画の方、どうぞ、この町に一度来て見て感じていただけたらと思います。本当に風光明媚なよいまちです。フェイスブックをされている方、興味のある方はいつでもご連絡下さいませ^^是非、繋がっていきましょう””「草刈淳」で登録してます。日常の竹田での出来事をご覧下さい^^
2012年06月11日
これまでに経験のない短期間の内装仕事。。不安を抱えつつも・・何とか無事に終わらせて 帰ってきました^^。詳しくはブログにて。。 http://m-tsuketa.jugem.jp/
2012年05月27日
ゴールデンウィーク中はイベントなどで休めなかったので、しっかり休みを・・ということで
いつものメンバーとキャンプに行ってきました。雨で木々の潤いも美しく、それなりの過ごし方を愉しんでまいりました。。詳しくはブログにて^^http://m-tsuketa.jugem.jp/
2012年02月25日
久しぶりの更新です。。なかなか思うように時間が取れなく・・日記すらかけてなくて申し訳ありません。さて現在、タイトルにありますように今後の竹田を面白くしていきたいと・・まだ数名ではありますが、仲間と土曜日の日中に路上で市内で書や画や似顔絵、粘土や版画などのワークショップなどを開催しています。今後は出来る限り続けていきますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。。写真の鉛筆画はワークショップを開催している場所・・「大蔵清水湯」の前の路地で描きました。。書も暇を見てアップしますので引き続き宜しくお願い致します””
2011年07月18日
台風の影響で風雨が強くなってきたようです。このあたりは土砂崩れなどが心配です。。
さて先日、童話作家である稗田宰子先生のご自宅の表札を納品させていただきました。
先生の、お兄様は現役の日本画家で2001年度の文化功労者でもあります稗田一穂先生ですが、作品もみせていただき、また1つ刺激をいただき、画は素人ですが・・なにか心象風景を描きたくなってきました・・。
2011年07月13日
http://www.youtube.com/watch?v=dcxmFlLc6NM&feature=fvsr
佐谷江雲さんの動画です。。たまたま見つけたのですが筆がよく躍動し紙面全体をよく捉えてますねぇ・・。とても好きな書です。。写真は久しぶりの、あそびま書です。
2011年07月12日
新進気鋭の書作家『大分の若い風』展という・・新進気鋭でもなければ、さほど若くも無い
(書道界でペーペーです^^;)私もお仲間に入れてもらえて、今後の活動の内容を決める『立ち上げの会』に参加させてもらいました。。創玄、玄睦会と退会後は県美術協会のみの活動に専念してまいりましたが・・久しぶりに、のびのびと表現できそうですので今から楽しみにしています^^11月に大分県立芸術会館にて、24名の大作や創作作品が並びます。。私は・・ホンの少しだけ変なことをたくらんでいますが大丈夫なのか心配ですが・・
批判も学びの1つであり自分に挑戦してみたいとも思いますので、是非是非、この会派を超えた書作展にお越しくださいませ””また左のカテゴリーに『今後の活動予定』として記事をアップいたしますので宜しくお願い致します。。写真は私が勝手に書いたものですので会のロゴではありません。。
2011年07月08日
今演題の紙書きを仕上げて一息ついてましたが・・・^^;文字が間違っていたのと抜けていることに気付き・・やり直しです。。このように思い込みによる失敗は私の場合結構あるので注意力が足らない証拠でしょうね・・。しかし、文字を書くことは苦にはならないので、また学べるという心構えで頑張ってきます。。写真は失敗作で横断幕カテゴリにアップしてます。。
2011年07月01日
今、地域の元気創出事業のひとつ、朝地町のまちおこしでアドバイザーということで参加させていただいております。たいした実績も無い私に・・隣町からお声をかけていただけるのは大変光栄なことですが、その分何か不安を感じることもあります。
朝地町は朝倉文夫先生の記念館もあり、彫刻展などもあり、まさに芸術と人と自然の豊かな町です。そのほか食でも椎茸や朝地牛などはとても有名です。http://www.oita-shoku.jp/shoku.php?shoku=1&no=32このようなとても恵まれた町にもかかわらず・・案外知らない人も多く、もっと多くの人に朝地を知ってもらいたいという地域の皆さんの声を大切に
して、色んな提案をしていきたいと思います。。今回の事業に向けて、私なりのブログを1つ立ち上げてみました。。10月にはイベントを予定してます。。是非是非このあさぢ町、宜しくお願い致します””http://asajimachi.jugem.jp/
2011年05月17日
義援金の件は、皆様方のご厚情、本当に感謝申し上げます。一応の区切りとさせていただきます。被災地の速やかなる復興を願っております。さて、お詫びですが最近データを伴うメールは特にですが送信できていないことが多々あり、ご迷惑をおかけしてしまっています。先日修理していたつもりですが、まだ不十分のようです。ご迷惑をおかけします。
またまた話は変わりますが、ゴールデンウィーク中より書道ではないのですが・・少しだけ
作品創りをしていまして、ゴールデンウィーク中は二人展を熊本にて、そして現在は6人展を同じく熊本にて開催してます。尚、5月の24日から竹田市の水琴館にて『塵の美展』という本当のゴミにスポットをあてた展示を行います^^なんだろう?と思われる方も多いかと
思いますが自分でセレクト(拾った)ゴミ、例えば鉄くずやアルミ缶などで美しいと感じたもの?などの発表です。宜しくお願い致します^^情報は私の古道具ブログよりお知らせしたいと思います。。ご興味のある方は下記でご確認くださいませ””
http://m-tsuketa.jugem.jp/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス