草刈樵峰による書作品、筆文字、ロゴ制作のサイトです。お気軽にご覧下さいませ^^
ホーム落ち着く場所

落ち着く場所 構図

被写体にレンズをむけている時、紙面に向かって草稿を練っているとき・・

落款印の位置や造形物を製作しているときなど、

必ず自分のなかで「ここかな・・」と落ち着く場所があります。。

例えば、撮影時で被写体にレンズを向けているときに構図をみます。

複雑な要素が沢山あれば、先ずは惜しみつつ引き算・・・

その後メインとなる被写体と考えているタイトルを重ね合わせ

レンズを少しずつ前後左右に振り

ぴったりな位置を探すのです。。

余白の取り方、メインの大きさ、明暗など

個々で違いますが、そこが捉え方の妙であり奥深さでしょうか。

。・。・。・・。・。・。・

 

同じく書の構図でも

必ず落ち着く場所があり、迷わずその位置に筆をおく作業を

無意識のうちに実行している・・

これも個性の一つだと考えます。

時には、いつもの場所から逃避したくなり

あちらこちらと行き着く場所を探すこともあります。

落ち着くところが必ずあるのは良いことかもしれないのですが

奥の深い芸術で限られた時間や面積でしか製作できないことも考えますと

もっともっと未知の構図を探りたくもなります。

絶対というものが無い限り追求していきたい

「構図のあり方」です。

 

 

 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス