草刈樵峰による書作品、筆文字、ロゴ制作のサイトです。お気軽にご覧下さいませ^^
ホーム空想は文字を書かない。

刺激的な書に出会うことで

創作意欲も増し、毎回毎回、よし!

という気持にはなるものの

頭の中で描いてた理想の書が目の前には現れてくれません・・

書くこと自体は無駄な浪費とは思っていませんが

あまりにもできないとストレスに負けてしまいます・・^^

空想だけは文字を書いてくれないようです・・

私の場合は創作に行き詰ってしまったら

まったく反対の書を書きます。

たとえば小楷での実用書など。

動きの大きなものを創作する前に

半紙程度に落書きをする感じです。

空想したものが、そのまま紙面に現れるとは思いませんが・・

皆さんはいかがでしょうか?

 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス